シミ消しの方法

最新情報

【シミ】・【そばかす】・【くすみ】etc…
  24時間積極美白でくもりのない明るい素肌へ ── 【AMPLEUR】
↓詳細はこちらの画像をクリック↓

顔のシミ取り美白剤

2010年03月05日

顔のシミ取り美白剤といえば、ハイドロキノンでしょうか。お肌の漂白剤として、欧米では以前から使用されていましたが、刺激が強いとい事から日本では戦後、禁止されていました。最近になって化粧品への配合が認められたため、日本でも脚光を浴びるようになりました。

ハイドロキノンは、化粧品に含まれている濃度は比較的低くなっています。あまり高濃度では、白斑などの副作用が心配ですし、シミを消す美白剤をお求めならば、皮膚科や美容整形で処方されるハイドロキノンの方が効果的だと思われます。これらの高濃度のハイドロキノンは、素人療法で使用すれば、正常なお肌まで白く色が抜けてしまうにもなってしまうため、正しい知識を持って使用されたほうが安心です。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を合成する酵素の働きを弱めてしまい、メラノサイトの活性を抑制します。出来てしまったシミを消す効果と新しいシミが出来ることを予防する働きもあります。正しい使用法を守れば、危険ではなく、安心して使用できる美白剤です。

また、ハイドロキノンを単独で使用するよりも、トレチノインと併用したり、レチノイン酸を使ったシミ消し方法やプラセンタエキス、コウジ酸、イオン導入などのシミ消し方法があります。

タグ

2010年03月05日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: シミ消し

シミを取る化粧品

2010年03月02日

シミを取る化粧品も世の中にたくさんありますが、その成分を選んで購入するようにしたいものです。美白成分と一口にいっても、その効果はまちまちですし、ご自分のシミの状態に合うかどうかは分からないのです。

美白成分として厚生労働省が効果を認めているものは、「アルブミン」「エラグ酸」「ルシノール」「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「カモミラET」「トラネキサム酸」「t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)」「リノール酸」などが含まれていると、美白化粧品として医薬部外品の認可を受け、美白の効能を表記することができます。

これらの美白成分は、チロシナーゼというメラニン色素を作る酵素を阻害したり、表皮細胞から出されたエンドセリンという情報伝達物質を阻害して、シミの生成を阻止するのです。

シミを取る化粧品といっても、出来てしまったシミを分解すると言うより、シミを作る過程を阻害し、新しいシミが出来ないようにするものです。正常なお肌の代謝によってはシミがはがれ落ちるように消えますが、次々出来るシミのモトをブロックしてシミが出来ないようにするのです。

また、お肌の乾燥はシミが出来やすい状態になりますので、保湿にも十分気を配りたいものです。細胞の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを高めるとシミの出来にくい健やかなお肌になる事が出来ます。

シミ用化粧品での口コミランキングを見てみると、資生堂の「HAKU メラノフォーカス2」、Kaneboの「ブランシール ホワイトニング コンクルージョン」、KOSEの「薬用 雪肌精」、SOFINAの「メモリーホワイト薬用美白エッセンス」などがカウンセリング化粧品では人気の美白コスメです。

タグ

2010年03月02日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: シミ消し

顔のシミの取り方

2010年02月25日

顔のシミの取り方は、そのシミの種類によって治療法が異なります。老人性色素斑(または日光性黒子)の場合には、出来始めのものには、美白化粧品で効果があります。しかし、大きくなったシミや濃くなってしまったシミには、レーザー治療しか取る事が出来ません。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は、老人性色素斑が盛り上がり大きくなってしまったものをいいます。表面がボツボツとしたものや手の甲などにできたものは、レーザー治療でないと取る事が出来ません。

雀卵斑(じゃくらんはん)俗に言うソバカスは、遺伝的要因が強く、鼻を中心にできるシミです。レーザー治療できれいに治すことが出来ますが、化粧品などはあまり効果が無いようです。

炎症性色素沈着は、ニキビやケガの跡がシミとなって残ってしまったものです。ムダ毛の処理の後や虫刺されの後に消えないシミもこの炎症性色素沈着です。数年後に自然に消える事もありますが、日焼けすると消えなくなってしまうことがあり、注意が必要です。炎症性色素沈着はピーリングが有効です。また、美白用の化粧品も効果的です。

肝斑(かんぱん)は、頬の骨に沿って出来るシミで、女性ホルモンが関係しているとされています。この肝斑は、レーザー治療で悪化する事があるので見分ける事が必要です。ピーリングや美白化粧品も効果的ですが、飲んで効く肝斑のお薬「トランシーノ」を試してみるのも良いと思います。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)は、日焼けなどのあとに、肩や背中などに出来る花びらのような形のシミです。花弁状色素斑は、レーザー照射が有効で、美白化粧品などはあまり効果が無いようです。

タグ

2010年02月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: シミ消し

シミの薬

2010年02月25日

シミの薬といえば、思いつくのが エーザイのチョコラBBルーセントC、エスエス製薬のハイチオールC、DHCのシスビタC、第一三共ヘルスケアのトランシーノ、このあたりがシミの薬 口コミ人気ランキングでも上位の内服薬です。

また、シミには、飲むタイプ以外にも塗るタイプもあります。医薬部外品では、小林製薬のケシミンクリームやケシミンペン、オルビスのホワイトニングローションやホワイトニングモイスチャー、草花木果の美容液など口コミや人気ランキングをよく見かけます。シミ消しの方法として、体の外側と内側からのケアも大切です。

シミの薬として第一三共ヘルスケアのトランシーノが大ブレイクしていますが、この薬は、肝斑(かんぱん)の飲み薬です。老人性色素斑などのシミには効果はないようですので、肝斑である場合には試してみる価値がありますね。

肝斑とは、女性ホルモンが関係しているといわれ、妊娠中やピルの服用、更年期などの場合によく現れるシミです。茶色や灰色のような色で、頬骨に沿って左右対称に出来るものが肝斑です。このような場合にはトランシーノが有効的であるといえます。

また、ニキビや肌荒れにお馴染みのエーザイのチョコラBBですが、シミ対策にはチョコラBBルーセントCです。ビタミンC600mgとL-システイン240mgが配合されていて、シミを無色化していきます。青チョコラとして人気ですね。

タグ

2010年02月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: シミ消し

シミ消しの方法

2010年02月25日

シミ消しの方法には、化粧品を使ったシミ消し、エステでのフェイシャルコースや美白コースなどで消す方法、美容整形や皮膚科などでシミを消す方法などがあります。シミの出来やすいところといえば、顔の頬や肩、手の甲、腕などが目立ちやすく出来やすい箇所です。シミは、簡単に出来てしまいますが、隠すことも簡単ではありませんが、「シミ消し」となると大変な労力が必要です。

シミの出来る第一の原因は、紫外線です。紫外線によるお肌の老化の事を「光老化」と呼びます。光老化によってお肌には、シミやしわ、たるみが出来てきます。お肌の状態も薄いデリケートな状態となり、肌色がくすんでくる原因にもなります。ご存知のように、紫外線は細胞を傷つけて、皮膚がんを発症させる事もあります。

シミを消すには、シミの種類によってその手段を変える必要があります。美白化粧品には、初期の老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)や炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)、肝斑(かんぱん)などに有効とされています。美白化粧品がもっとも効果的なのは、老人性色素斑のできたてのシミです。出来たばかりのシミは消しやすく、一般化粧品の美白用コスメでも効果が表れやすいのですが、古いシミや大きなシミを化粧品で消す事は難しくなります。

この場合、シミ用化粧品は予防的に使うほうが効果的であるといえましょう。顔全体にたっぷりと使えるようなシミ用化粧品が日常使いには良いですね。

タグ

2010年02月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: シミ消し